HOME > 矯正Q&A

矯正Q&A

前歯が生え変わる時期っていつごろ?相談はいつごろが最適?
前歯が生え変わる時期は6歳から7歳前後です。
お子様の歯並びの初めての相談は、6歳から7歳前後(就学されるころ)、上顎の前歯の乳歯が永久歯に生え変わり始める時期が最適です。
当院ではこの6歳から7歳前後の前歯が生え変わる時期に最適な矯正治療を行なっております。
この時期にご来院下さるのが理想ですが、お子様の成長や発育の状態によってお口の中の歯並びの状態は様々ですので、上顎の前歯がすでに永久歯に生え変わってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。
特に女の子は成長が早いため、お早めに受診なさって下さい。
歯医者を選ぶ時のポイントはありますか?
ちゃんと説明してくれる歯医者さんに通うのが一番です。
疑問に思うことに対してしっかりと答えてくれるなら、心配ないです。
説明をしてもらって理解できる歯医者さんだったら、今後も問題ないと思います。
矯正は2~3年のお付き合いになりますので、安心できる歯医者さんを選ぶことが大切になります。
矯正治療は保険がききますか?
矯正治療は、特別な場合を除いて保険は適用されません。
保険が使えるのは顎(あご)の手術を伴う顎外科矯正治療と先天的な原因による不正咬合の治療の場合だけです。
(しかし、この場合でも保険を使うには指定を受けた矯正専門医で受診することが必要となっています。)
矯正治療に長い時間がかかるのはなぜですか?
矯正治療では歯を削ることはいたしません。
歯に、一定方向の力を継続的に加えることによって、骨の中を少しずつ正しい位置へ移動させていきます。
固い骨の中を動かしていくので、時間はかかってしまいます。
目立たないように治療できますか?
現在は、透明なブラケットを歯につけて目立たないようにするのが一般的です。
また現在では矯正する方も増えてきておりますので、昔ほど装置を気にする必要はないかと思います。
痛みはありますか?
歯が動き始めるとき、多少痛みがあります。
痛みの強さは個人差がありますが、小学生でも治療しているので、心配するほどのものではありません。
また、痛みのある場合でも、3~5日ぐらいあればおさまります。
受験や、入試試験の面接に不利になりますか?
受験の時、矯正治療中だった患者さんは多くいらっしゃいますが、
試験の妨げになった事はありません。全く影響はないと考えています。また、入社試験の面接でも装置をつけていることで問題となることはありません。むしろ口腔衛生に対し気を配っていると評価されることが多いようです。
歯列不正は、学力へも影響を与えますか?
歯列不正を治すだけで学力がアップするとは、断言できませんが、しっかりと噛むことで瞬時の判断力や思考力が養われるといわれています。ネズミを用いた有名な研究があります。
堅い食べ物を与え続けたネズミの集団とやわらかい食べ物を与え続けたネズミの集団を同じ迷路を通過させたところ、何回やっても堅い餌を食べていたネズミが迷路を早く通り抜けたという報告もございます。
成長期の子どもに対して歯並び(歯列)は、どのように影響しますか?
成長期の歯列不正は、歯だけの問題でなく、顎(あご)やお顔の成長にも影響を与えます。歯列不正があると正しい位置で噛むことが出来ず顎(あご)が曲がって成長してしまうこともあります。こういった問題も小児矯正治療で対処をしていきます。